日博体育官网

图片图片
HOME > 学部学科?大学院 > 大学院 > 12月12日(日)「知の拠点庄内」シンポジウムを開催します

12月12日(日)「知の拠点庄内」シンポジウムを開催します


大学院

庄内地域の4つの高等教育?研究機関が知を集結し、「Life×Science 2030庄内Vision」第11回知の拠点庄内シンポジウムを開催いたします。

2030年は全世界でSDGsの達成が目標とされている年です。そのとき、自分は、地域は、世界は、どうなっていることを望みますか?未来を一緒に考える、「知の拠点庄内」のSDGsシンポジウム(完全オンライン)にぜひご参加ください。

PDFファイル(312KB)

●日時●
2021年12月12日(日)午後2時00分~4時15分(開場 午後1時30分~)

●参加方法●
完全オンライン開催(Zoomウェビナー)
下記にアクセスして参加方法および注意事項等の詳細をご確認ください。
https://www.iab.keio.ac.jp/extra/shonai2021.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます

●参加料●
無料(事前のお申込みは不要です)

●内容●
1.鶴岡×デジタルの説明 
  鶴岡市企画部デジタル化戦略推進室/野村総合研究所 神林 優太
    「庄内で生まれるデータの地産地消を考える」
      野村総合研究所 大江 秀明
    「自らで描く庄内の未来ー市民提案型の街づくりプラットフォームの実演」

2.4機関発表~科学が変える、わたしたちが創る、庄内の未来~
  鶴岡工業高等専門学校 松橋 将太
        「地域スポーツで変えるQOLー誰もが健康増進を選択できる庄内へ」
  山形大学農学部 渡辺 理絵
      「関係性の環で変わる中山間地ーふるさと資源を活かしたシームレスな庄内へ」
  東北公益文科大学 呉  尚浩
        「パートナーシップで変える海洋ごみ問題ー海ごみゼロの庄内へ」
    慶應義塾大学先端生命科学研究所
      菅原 さくら(特別研究生/酒田東高校3年)&ガリポン?ジョゼフィーヌ
        「海洋微生物で変える世界の未来ープラスチック汚染ゼロの庄内へ」